居抜きの有効活用で閉店コストの大幅削減、売却益の確保が可能です。

閉店コストの大幅削減、売却益の確保

  • お店を出したいけど、資金がたりない……
  • どんな立地にお店を出せばいいのか分からない……
  • 早く開業したいのだが、内装工事に時間が掛かる……

などなど店舗の出店には、沢山の悩みがつきものです。

通常、店舗を閉める場合には、解約前予告家賃の発生や、契約終了前に物件の内装、外装の原状回復の義務は生じます。つまり、その分だけコスト(費用)がかかります。出店時に預け入れている保証金(敷金)のほとんどが戻ってこない事も珍しくありません。

しかし居抜き契約で造作費用の売却が成立しましたら、費用はかからずに逆に売却益が発生します

下記のモデル事例でその効果を御覧ください。

居抜き店舗の売却・撤退費用の削減

通常、お店を閉める場合には、

  • 内外装や設備の解体費用(現状回復費)
  • 解約までの空家賃
  • 保証金の償却

など、思った以上に出費がかさむものです。

【モデル事例】店舗面積30坪のお店を閉店する場合

総費用:およそ540万円

スケルトン物件に出店する際には、店舗出店に必要な内外装や設備、備品等をすべて1から取り揃えることが必要になります。通常、1坪あたり50~100万円ほどの費用を要します。

内訳:

店舗面積30坪→解体費・原状回復費 120万円

賃貸借契約書に閉店時は現状回復(入居する前の状態に戻すこと)をすることが明記されていることが殆どです。原状回復の費用は、階数などの条件にもよりますが坪当たり、2~6万円が掛かります。

家賃50万円・解約前予告家賃6ヶ月→物件解約までの空家賃 300万円

閉店の意思を家主に告知すると、解約前予告の家賃扱いになり、この場合6か月より前に閉店しても6か月分の家賃が発生します。これは次のテナントを探す期間家賃収入がなくならないように設定されたものです。

保証金600万円・保証金期間内償却20%→保証金償却 120万円

途中解約時の保証金は、一部が償却(減額)されての返却になります。

まだまだ使える内外装を解体したり設備を処分したり、最近は産業廃棄物の処理の規制も厳しくなり、廃棄物の処理代だけでも、相当の金額が掛かってしまいます。

弊社が提案をするのは、この設備・造作付き店舗(=居抜き店舗)を、再利用して出店したい方に売却することにより、資源の無駄をなくし、撤退費用の低減(場合によっては店舗売却による収入獲得)を実現する方法です。

営業権(人材やノウハウ、顧客構造など)も引き継げる

ウインサービスの店舗売却コンサルティング

居抜き店舗では、店舗の内装や設備をそのまま譲渡することができます。一方、店舗の従業員やアルバイト、店舗の評判、伝統の味、お店の雰囲気などはどうでしょうか?

実は、これらも、引き継ぐ(譲渡する)ことが可能です。

営業中の店舗をそのまま引き継ぐことを、「営業権の売買(譲渡)」と呼び、この営業権には、設備や造作などの有形資産を除いた店舗資産(人材・ノウハウ・評判・ブランド力など)が含まれ、営業権譲渡を行った場合、お店を閉めることなく、次のオーナー様に営業を引き継いでいただくことが可能です。

反面、引き継ぎ条件の調整に時間が掛かったり、買い手の意向によっては、お店の味やメニュー、雰囲気などがガラリと変わってしまうことも考えられます。弊社の店舗売却コンサルティングでは、まずは、どういった条件で、どういった方に、お店を譲りたいか、人材やメニュー、お店の名前はどうするのか、など、お客様と一緒に、様々な視点で検討を行なっていきます。

皆様にとって、最適な店舗売却をして頂くこと、それが弊社の「
店舗売却コンサルティング」です。

弊社にお任せいただければ、物件から出店までの流れがオールインワンでまかなえます!

お店を開業したいと思ったらウインサービスへ!!